Car Lover's

やっちまった…!給油トラブルの対処法とは?

car-lovers-web.net 0 Comments

セルフ給油になってから起こりやすいガソリンスタンドでのトラブル

日本でもセルフ給油ができるようになって久しくなりますが、自分で給油するという事で、うっかりミスしてしまう事もあります。
一番多い給油トラブルとして挙げられるのが、ディーゼル車なのにガソリンを入れてしまった、ガソリン車なのにディーゼルを入れてしまったという事です。
どちらも同じような働きをする燃料ですが、燃焼の仕方に違いがあるため、エンジンに損傷をもたらす可能性があるでしょう。

まず、ガソリン車にディーゼルを入れてしまった場合。
この場合、エンジンをかけて発進させても最初はあまり違いを感じないケースが多く見られます。
というのも、まだガソリンタンク内にガソリンが残っていますし、ディーゼルでもある程度燃焼させることができるからです。

しかし、そのまま走っていくと加速が悪くなるなど、力が弱くなっているのを感じるようになるでしょう。
そして、さらに走る続けると黒煙を出してさらにエンジンの動きが悪くなってしまい、エンジンが止まってしまうこともあります。

ディーゼル車にガソリンを入れると故障の原因になる

一方、ディーゼル車にガソリンを入れた場合はもっと深刻です。
すぐにエンジンの不調が生じて、マフラーからトラブルとはっきり分かるくらいの白煙が出てきます。
そして、少し走ると、もしくはエンジンをかけたままにしておくとエンジンが止まってしまうでしょう。

それだけで終わらず、燃料ポンプやディーゼル噴射ノズルが壊れてしまって、パーツ交換が必要になるのです。
最悪の場合、エンジンに損傷をもたらすこともありますので、すぐに対処する必要があります。

気付いてすぐに燃料を入れ替えれば問題なし

こうした給油トラブルは意外と多くありますが、ガソリンスタンドで気づいてすぐに入れ替えれば問題ありません。
ガソリンスタンドのスタッフをすぐに呼びましょう。
たいていのスタンドでは、タンクに入ってしまった燃料を吸い出すことができる装備を持っていますので、それで燃料を抜いてもらうのです。

ガソリン車にディーゼルを入れた場合は、走行中に気づく事もあります。
この場合は、不具合があるとはいえ、車自体に大きなダメージを与えることはないので、長時間走っていないのであれば、そのままスタンドに戻って入れ替えてもらうこともできます。

しかし、ディーゼル車にガソリンを入れた場合はすぐにその場で停車し、そこで燃料の入れ替えが必要です。
無理して工場やガソリンスタンドまで修理に持って行ってしまうと、その間に車にトラブルを引き起こしてしまうことがあります。
ケースによって対処法にも違いがあるため注意しましょう。

Previous Post

Next Post