Car Lover's

こんな時どうする?事故を起こしてしまったら素早い対応が大事!

car-lovers-web.net 0 Comments

適切な対応を行う

どんなに気をつけて運転していたとしても、万が一のことは起きる可能性はあります。

日本中で毎日たくさんの自動車事故が起きており、それに巻き込まれてしまう可能性は常に存在するのです。
自分が被害者となった時も問題ですが、自分が加害者になってしまった時はとても大変なことになります。

適切な対処を取らないと被害者に迷惑をかけてしまうことになります。
交通事故を起こしてしまい、もしも負傷者がいるならば、救護を最優先にしましょう。

救護をしなければ後で罪になってしまう可能性もあります。

もし負傷者がいないならばすぐに警察へ連絡してください。
救急車へ先に連絡をした場合は警察の方まで報告される仕組みとなっています。

車を運転している方が事故を起こしてしまった時には必ず警察へ連絡しなければいけません。

これは義務であり、仮に相手がいなかったとしても報告する必要があります。

警察に対して事故が起きたことを報告して、交通事故証明書を受け取らなければいけません。
報告義務を怠ってしまった場合には罰則もあります。

警察へ連絡をする際のポイントとしては、事故の状況がどうなっているのか、事故現場はどこなのか、負傷者がいるのかなどを正確に伝えましょう。

事故を起こしてしまうと、特に加害者の方がパニックになってしまうことが多いです。
そんな時でも焦らずに気持ちを落ち着かせて、きちんと警察に状況を伝えましょう。

被害者への対応と保険会社への連絡

交通事故を起こしてしまい被害者がいるならば、きちんと対応しなければいけません。

まずは相手の名前や住所、連絡先や勤務先をきちんと聞いておきましょう。
相手が車に乗っているならばナンバープレートもメモしておいてください。

さらに相手がどこの保険会社の保険に加入しているのか、保険の種類も聞いておきましょう。
免許証の番号や車検証も控えておくべきです。

以上の情報についてはあなたも被害者に対してすべて伝えます。

怪我人が出ているならば迷うことなくすぐに救急車を呼びましょう。
相手に確認するのではなくて、自分の判断ですぐに電話をかけるべきです。
治療費を現金で負担した場合にはきちんと領収書をもらっておきましょう。

相手の怪我の状態に関わらずきちんと後日お見舞いをするべきです。
保険会社任せにしてしまう方が多いのですが、相手への心象が悪くなってしまうでしょう。

また、自分が事故を起こしてしまった場合は保険会社へ連絡をする義務があります。

そして、保険会社の方に事故処理を頼むことになります。
その際には証券番号を伝えないと本人確認ができないため気をつけましょう。

保険証券を常に車の中に保管しておくと便利です。
また保険会社へ連絡する前に事故現場の状態をきちんと保存しておきましょう。

そうしないとどちらにどのくらいの過失があるのかが分からなくなります。

Previous Post

Next Post