Car Lover's

車と比べると人間の馬力はどのくらい?

car-lovers-web.net 0 Comments

馬力とは馬1頭の仕事量を表す数値

自動車の情報記事などで車種のスペックを紹介する際に、最高出力を馬力で表示しているケースが多いですね。
この馬力、一体どういう意味なのでしょうか。

馬力とは、イギリスの発明家で産業革命の父ともいわれるジェームズ・ワットが、蒸気機関の能力を示すための基準として提唱したもので、荷役馬1頭にどのくらいの仕事ができるのかを数値化しものです。
ジェームス・ワットはイギリス式にフィートで数値化しましたが、これをメートル法に定義したものを仏馬力といいます。
メートル法はフランスで作られたものなので、仏馬力と呼ばれていますが、自動車メーカーなどの工業界では、こちらのほうがわかりやすいので仏馬力が使われるのが一般的です。

仏馬力で1馬力は、1秒間に付き75kgの荷物を1メートル動かすのに必要な仕事量と定義されており75kgf・m/sとなります。
これをワットで表示すると、1仏馬力は735.498 75ワットとなります。
ただし日本の場合は、計量単位令という法令で、1仏馬力は735.5ワットされています。

簡単にまとめると、1馬力とは約75kgの物体を1メートル動かす力のことなのです。

そして馬力とは、重量のある物体をどれだけの時間をかけて、どれくらいの距離を動かすかという仕事量を表す数値であり、自動車の場合は最高出力を表わします。
これはエンジンによって生じたエネルギーによって、自動車が短時間で長距離を移動できるかという性能を表す数値だと考えてください。

1馬力とは約75kgの物体を1メートル動かす力のこと

1馬力とは約75kgの物体を1メートル動かす力のことでした。
75kgというと、成人男性の平均的な体重ともいえるでしょう。
このため、人間に馬力を当てはめた場合、体重73kgの人が100メートルを10秒で走る力を1馬力とされています。

70kg強の成人男性が、100メートルを10秒で走るのは可能かもしれません。
しかし、500メートル、1キロメートルと、長距離を10秒で走り続けるのは至難の業で、まず不可能でしょう。
わずか1馬力であっても、この力を発揮し続けるのは、非常に困難であることがおわかりいただけると思います。

では、人間は何馬力の力を発揮できる能力があるのでしょうか。
一般的には、人間が瞬発的に発揮できる力は.5馬力、持続的に発揮できる力は0.1馬力といわれています。

軽自動車の場合でも、持続的に発揮できる力は50馬力です。
普通自動車では50馬力~300馬力程度が一般的ですね。
このように考えると、自動車の馬力はかなり大きいといえます。

さらに戦車は約1500馬力、貨物列車は2000~8000馬力 、そして新幹線は2万3200馬力といわれています。

自動車のスペックをみるときは、馬力に注目して比較してみるのも興味深いのでないでしょうか。

Previous Post