Car Lover's

ポイント

どこをみる?保険の選びのポイント!

car-lovers-web.net 0 Comments

強制加入である

自動車に乗るのであれば必ず入っておくべきなのが自動車保険です。
最低限必ず入らなければいけないものは自賠責保険であり、これはどんな人でも強制加入となります。

そのため、自賠責保険のみに加入している方もいるのですが、半数以上の方は任意保険にも入っています。

その理由は、自賠責保険の場合は自動車事故を起こした時に相手に対して保険金が支払われるのですが、自分自身や物に対する保険金はないためです。

また、自賠責保険は保険金の上限も決まっているため、それを超える被害を出してしまった場合には自分で不足分を支払う必要があるのです。
そのため、任意保険に加入して万が一に備えることになります。

保険には色々な補償が含まれています。

たとえば、相手を怪我させてしまったり、あるいは死亡させた場合の保険金が支払われるのが対人賠償保険です。
これは自賠責保険に含まれているのですが、それをさらに充実させることが可能です。

物を壊してしまった時の修理費を負担するための保険は対物賠償保険です。

任意保険に加入する方はこれを目的としていることが多いです。
自賠責保険ではカバーできないからです。

搭乗者全員に対する補償をしてくれるのが搭乗者傷害保険です。
乗車している方が怪我をしたり、死亡した場合に契約車のみですがすべての搭乗者へ補償します。

その他にも人身傷害補償保険というものがあります。

これは事故で他人を怪我させたり、自分が怪我をした場合の補償を受けられるのですが、契約車以外の事故もカバーしているのが特徴です。

つまり、車ではなく人に対する保険となります。

車の保険の選び方に関してはこちらで詳しく説明されています。
ぜひとも参考にしてください。
>>http://www.hokensite.info/index-5.html

車の保険のポイント

保険選びはどのような補償を選ぶのかということになります。
最も重要なものは対人賠償保険と対物賠償保険です。

その理由は負担額がいくらでも釣り上がってしまう可能性があるからです。

たとえば、対人事故を起こしてしまい複数の人を死なせてしまった場合には、負担額が億単位になってしまうでしょう。

対物事故の場合でも、たとえばトラックに衝突してしまい、相手のトラックの中に積まれていた物まで壊れてしまえば、それに対する負担もしなければいけません。

したがって、対物負担に関しても限度がないのです。

対人賠償保険については無制限となっているのが一般的です。
しかし、対物賠償保険では無制限ではありません。

1000万円や2000万円の契約となっているケースもあります。
万が一のことを考えれば無制限の補償にした方が良いでしょう。

これ以外の補償については、自分が必要だと思うものと契約すると良いでしょう。
人身傷害保険に関しては特約となっていることがあります。

すべての補償を含めてしまうと保険料はかなり高くなりますが、もしもの時には安心できます。

保険に関してはこれが正しいという選択はありません。
それぞれの状況や考え方によって適切なものを選ぶべきです。

また、車が盗難された時のための車両保険もあります。
もし高級車や人気者に乗っているならば、車両保険にも入っておきましょう。

Previous Post

Next Post