Car Lover's

ブガッティ「シロン」の販売価格は3億越え

car-lovers-web.net 0 Comments

名車ヴェイロンを凌ぐポテンシャル

ブガッティといえば、2005年の発売以来、世界で最も速い市販車として有名なヴェイロンでした。
そして、その後継者となるのがシロンです。

ヴェイロンは1200馬力のエンジンパワーを誇り、価格が約1億8000万円。
タイヤ交換だけで450万円、1年車検の値段が180万円と、車体価格も維持費も莫大な費用がかかるスーパーカーでした。

その後継者となるシロンは、ヴェイロンと同じエンジンモデルを引き継ぐW型16気筒。
それぞれのバンクにターボが装備されており、エンジンの最高出力は1500馬力。
ヴェイロンの1200馬力から、1500馬力へと大幅アップされており、排気量は8.0リッター。
市販車の中でも最高スペックを誇ります。

スイスで開催されたジュネーブモーターショー2018では、シロンの最新モデルであるブガッティ シロン スポーツが初公開されて注目を集めました。

日本円で3億円超のスーパーカー

シロン スポーツのエンジンや最高速度など、基本的なスペックにはほとんど変わりがありませんが、トルクベクトリング機能を装備したダイナミックハンドリングパッケージが追加されると同時に、カーボンファイバー製ワイパーアームの採用などで、18kgもの軽量化を実現。
テストコースでの走行では、ベース車であるシロンに比べ、5秒速いタイムを記録しています。

また、モナコGPでグランプリに輝くドライバーのファン・パブロ・モントーヤ氏が挑戦したタイムアタックでは、時速400km到達から停止するまでの時間が41.96秒と、世界記録を樹立。
時速400kmに達するまで、わずが約30秒。このトップスピードから停止するまではたったの10秒程度と、信じられないほどのスペックを発揮しました。
これはエンジンだけでなく、ブレーキ性能も世界トップ水準である証といえるでしょう。

これほどの高性能車、外観もヨーロピアン車ならではの洗練されフォルムです。
ムダのない流線型でありながら、貴婦人のような優雅さが漂うのは、細部まで細心の注意によってデザインされているからに違いありません。

さて、気になるお値段ですが……、約260万ユーロとのことです。
1ユーロを122円とすると、何と日本円にして約3億1,765万円です。
これは車体価格の値段ですから、カスタマイズをするとさらに値段は上がりますし、維持費も大変なものでしょう。

限定500台で、ブガッティ社の顧客を中心に販売する戦略を立てているとのこと。
2016年の発表に発表された世界最高スペックのシロンは、欧米のブルジョア層を中心に人気を集め、2016年のうちにすでに半数以上の受注があったと報告されています。

Previous Post