Car Lover's

ブガッティ

クラシックカーが世界で大人気!!

car-lovers-web.net 0 Comments

40億での落札も

現在、世界中でクラシックカーの人気が高まっています。
クラシックカーとは昔販売されていた車のことであり、以前から一部のマニアには注目されていたのですが、現在では注目する人の数が多くなっており、人気が急騰しています。

たとえば、1962年式のフェラーリが40億円で落札されたこともあるぐらいです。

最近の車は電気自動車や燃料電池車のように最新のテクノロジーを導入したものが増えています。

今後は自動運転が可能な車が登場したり、より安全に運転できる車が広まっていくでしょう。
クラシックカー人気というのはそのような風潮を逆行するものです。

基本的に昔の車よりも今の車の方が性能は上であり、運転しやすいのは事実でしょう。
そのような状況の中でもクラシックカーは人気を高めていっています。

それがひとつのビジネスシーンを作っている状況となっているのです。

海外ではクラシックカーオークションが盛り上がっており、そこではフェラーリをはじめとして、ブガッティやアストンマーティン、ベントレーといった車のクラシックモデルが取引されています。

数億円単位のお金が取引されていることも珍しくないのです。
このようなクラシックカー人気というのは日本も関係しています。

たとえば、日本車のクラシックカーも海外では人気を集めています。

トヨタの2000GTが1億円以上の値をつけられたり、スカイラインGT-Rやランドクルーザーといった車も1000万円以上の値がついているのです。

ランドクルーザー

プレミア価格のついているクラシックカーが増えています。

クラシックカーブームについて考える

クラシックカーブームによって昔ならば数百万円で買えた車の相場が上がってしまい、2倍や3倍のお金を出さないと買えなくなってしまいました。

そのため金融商品としてクラシックカーに注目する方も増えているのです。
新しい投資としてクラシックカーにお金を出す方は増えています。

このような状況というのは本来のクラシックカーファンにとっては面白くないでしょう。
あまりにも価格が高騰してしまうとお金持ちしか買うことができなくなってしまうからです。

どうしてこのようなブームが起きたかというと、投資家達が新しい投資先を開拓するためにクラシックカーに目をつけたためです。

クラシックカーというのはこれから増えることはありません。

このような状況でクラシックカーを欲しい方が増えてしまうと、その価値が高まっていくのはある意味当然のことでしょう。
そこに目をつけた投資家達の戦略が上手くいったために現在のようなブームが起きているのです。

ただし、このブームによって昔の車をきちんと整備して大切に扱おうという風潮も生まれています。
したがって、決して悪いことばかりではありません。

Previous Post

Next Post