Car Lover's

自然災害

意外と知らない!自然災害での保険適用はどこまで?

car-lovers-web.net 0 Comments

気をつけたいポイント

自然災害に巻き込まれてしまったことによって車に損害が生じることがあります。

たとえば、台風や激しい豪雨などによって損害を受けた経験のある方も多いでしょう。
このような場合にどの保険であればきちんと保険金が支払われるのでしょうか。

自然災害によって車が損傷した場合の保険金は車両保険から支払われます。
車両保険と契約していない場合は保険金を受け取れないため気をつけましょう。

修理にかかった費用について保険金が支払われることになります。

車両保険には2種類あり、一般型とエコノミー型と呼ばれます。
台風などから受けた被害に関してはどちらの場合でも保険金料が支払われる対象となります。

また、洪水や暴風などによって損傷した場合に対しても保険金が発生するため安心しましょう。
それでは具体的にどのような損害が生じるのでしょうか。

たとえば、暴風によって何らかの物が飛んできてそれが車に傷をつけた場合です。

屋根瓦が飛んできたり、お店の看板が飛んでくることもあるでしょう。
冠水したためにガード下で車が水没してしまうこともあります。

豪雨によって土砂崩れが起きてしまい車が巻き込まれてしまうという被害が起きる可能性もあるでしょう。

木が暴風によって倒れてしまうこともあります。
これらの損傷に対して保険金を受け取れるのです。

保険金に対しては車の損害額から自己負担額を引いた金額が支払われます。

ただし、あまりにも車の損傷がひどい状態の場合には全損として扱われることもあります。
この場合は保険金額の上限すべてが支払われます。

車両保険には対象外となる自然災害がある

上記のように台風や洪水、豪雨などによる損害に対しては車両保険に加入していれば対応できます。
ただし、車両保険では対応していない自然災害も存在しているため気をつけましょう。

災害

それが地震と津波、噴火です。

これらによって損害を受けたとしても、通常の車両保険では補償がされません。
そのため、特約を付帯する必要があります。

日本では特に地震は頻繁に起きており、大きな地震に巻き込まれてしまう可能性もあるため、無視をしてよいものではありません。

どうして地震や津波などが補償対象外となっているのでしょうか。
これらの自然災害はまず被害がとても大きくなるという特徴があります。

そのため、通常の自動車事故の範疇を超えてしまうことが多く、それを保険会社が補償するのは負担が大きいと考えられているからです。

また、地震や噴火によって交通事故を起こしてしまった時も補償対象外となります。
これらに対応するためには特約によって地震や噴火などに対応できる自動車保険を選ぶべきでしょう。

Previous Post

Next Post