Car Lover's

夜間

車上荒らしにご注意下さい!犯人は○○を狙う?

car-lovers-web.net 0 Comments

なんとタイヤホールまで

最近は車両盗難をするのが困難になっています。

さまざまな装備によって車が盗まれるのを防げるようになったからです。
そのため、車上荒らしの数が増えていることが問題となっています。

車上荒らしであれば、車ごと盗む必要はなく、車内にある金目の物を盗み出せばいいため、窃盗犯にとってはメリットが大きいのです。

また車上荒らしが盗むものとしては積載品やカーナビ、外装部品、バックなどです。
場合によってはタイヤやホイールなどが盗まれてしまうこともあります。

このように盗品はとても幅が広く、小さなものを盗んで利益を得るという選択をする窃盗犯は意外と多いのです。

その方が見つかってしまうリスクが小さくて、確実に利益を得られるからです。
盗んだものに関してはオークションや裏ルートなどを活用して売りさばきます。

車上荒らしが発生しやすいのはやはり夜間です。
夜ならば人通りがほとんどなくなり、落ち着いた盗みをすることができるからです。

逆に平日の昼間の場合は人通りが少なくなることが多いため、この時間帯に車上荒らしをする窃盗犯もいます。

逆に夕方から夜にかけてはどのような地域であっても人通りが多くなってしまうため、車上荒らしが少ないです。

車上荒らしが作業をする場所は自宅や契約駐車場、路上などが多いです。
コンビニの駐車場や通勤先の駐車場などで被害にあうこともあります。

車上荒らしの手口としては窓を割ることが多いです。
鍵が開いている場合には普通にドアを開けて素早く何かを盗み出します。

こちらには車上荒らしの基本的な情報が掲載されているため参考にしましょう。
>>http://kuruma-satei.jp/carnews/6170/

車上荒らしを防ぐためには

まずはきちんとドアをロックすることを徹底しましょう。
意外とドアの施錠を忘れてしまう方は多いのです。

車上荒らしにあった方の半数近くは施錠を忘れてしまったことによって被害にあっています。

あるいは車に鍵をさしたままだったために盗難の被害にあったというケースもあります。
ドアのロックをするだけでも最低限の防犯にはなるのです。

また、貴重品を車内に置いておかないことも大切です。
車の中に金目の物がありそうだと判断すれば、窃盗犯は車上荒らしをします。

車内の見える位置にかばんを置いておいたり、カーナビや財布などをむき出しの状態で置かないようにしましょう。

カーナビ

カーナビは最も盗まれやすいもののため、カバーをかけて見えないようにすることも有効です。
車に乗る前に鍵穴をチェックしてみましょう。
もし何らかの跡が残っていたならば、愛車が盗まれそうになっているサインです。

異変が見つかったらすぐに警察へ連絡するべきです。
車上荒らしへの対策として色々なセキュリティーグッズが販売されています。

それらを活用することによって、車上荒らしを防ぐことができます。
常に防犯を意識して生活をすることが最も大切でしょう。

Previous Post

Next Post