Car Lover's

車にかかる維持費の相場は?

car-lovers-web.net 0 Comments

税金が車によって大きく異なるので注意

車にかかる維持費はいろいろな種類があります。
その一つとして絶対にどんな車でもかかるのが税金です。
しかし、車の大きさによって税金の額が変わってきますので、自動車を購入する時に税金のことを考えてより経済的に維持できるものを選ぶようにしましょう。

自動車にかかる税金としては、毎年かかる自動車税と車検ごとにかかる重量税が挙げられます。
これに加えて自賠責保険は必須となりますので、この費用も見込んでおいた方が良いでしょう。
これらの必要経費を計算すると、軽自動車では25,000円ほどになるのに対して、普通自動車の場合は85,000円ほどかかります。

これに任意保険料がかかりますが、車両保険への加入の有無でかなり金額が変わってきますので、契約内容をしっかり確認して自分に合ったものを選ぶことが肝心です。
安いものだと2万円程度で加入できますが、充実した保険内容の物を選ぶと10万円以上かかることもあります。

オイル交換などの定期的なメンテナンスで必要なものを計算する

こうした費用は車がどんな状態であろうとかかるものですが、他にメンテナンスを行うためにかかる費用を計算する必要があります。
たとえばオイル交換やタイヤ交換などの費用がかかります。
定期的なメンテナンスにかかる費用はそれほど高価ではありませんが、常にかかる費用となりますのでしっかりと計算しておきましょう。

メンテナンス費用としては、一年間でおよそ15,000円から30,000円かかります。
もちろん、オイルの種類やどこまでメンテナンスを深くやるかによっても金額は変わってくるでしょう。

修理費や部品交換のコストをあらかじめ見ておく

こうしたメンテナンスとは別に、ある程度の期間が来たら交換した方が良い部品があります。
オルテネーターやウォーターポンプなどがそれにあたり、ブレーキオイルやATミッションオイルなどもある程度の年数ごとに交換する必要があります。
こうした費用は車の種類や大きさによっても異なりますので、自動車を購入するにあたって調べておくと良いでしょう。

また、ある程度の走行距離や年数によって故障したり機能が弱まってしまうパーツもあります。
該当するのはブレーキパッドやエアコン、ウィンドーウォッシャーポンプなどです。
定期的な検査の際に交換することで、故障してから交換するというトラブルを避けられますので、しっかりとチェックしましょう。

こうした修理や部品交換はそれなり高額になりますので、維持費用としてまとまった金額をストックしておいた方が賢明です。
メンテナンスや税金関係の費用とは別に、修理費用の予測を立てておくことが求められるのです。

Previous Post