Car Lover's

あなたは答えられますか?ガソリンとディーゼルの違い

car-lovers-web.net 0 Comments

発火するか着火するかの違いが大きい

自動車には大きく分けてガソリンを使うものと、ディーゼルエンジンとがあります。
それぞれにメリット・デメリットがあるため、違いをしっかり把握して車を選ぶことが肝心です。

二つの燃料の差として大きなものは、着火するタイプのものか発火するタイプのものかという事になります。
着火というのは燃料に火花を付けると爆発もしくは燃焼することを指します。
一方、発火というのは高温になると火花がなくても燃える性質があることです。

ガソリンは着火するタイプで、火花を散らすことで爆発を引き起こしてエンジンを回転させます。
そのため、ガソリンエンジンには必ず火花を散らすスパークプラグが付いているのです。

一方でディーゼルエンジンはスパークだけでは燃焼しないため、圧縮して高温にすることによって発火を促すことになります。
そのため、エンジン構造がガソリンとディーゼルではかなり異なるのです。

エンジンに直接噴射が基本となるディーゼルエンジン

エンジン構造に大きな違いが見られる二つの燃料ですが、ディーゼルの場合は基本的にエンジンに直接噴射して燃焼させます。
ガソリンエンジンにも直噴タイプのものもありますが、全体としては少数派です。

燃料自体の違いやエンジン構造の違いによって、ディーゼルの方がトルクが発生しやすく重量物を運ぶのに適しています。
こうしたことから、トラックなどはディーゼルエンジンを採用しているのです。
一方で、ディーゼルは発進が重たかったり、ストップアンドゴーが多いところでは非効率になることがあるため、市街地ユースが多い自家用車はガソリンを採用する車が多くなります。

それぞれのメリットとデメリット

このように、二つの燃料の間には大きな違いがあるため、メリットもデメリットも生じます。
たとえば、ガソリンの場合は滑らかでスムーズに動くため一般的な自家用車に向いているものです。
一方で、ディーゼルの場合は重量物を運びやすいことに加えて、燃料自体が安いというメリットがあります。

そして、ガソリンは価格が高くなってしまうことや、ディーゼルに比べるとトルクが弱くなるというデメリットがあります。
ディーゼルの場合は、しっかりとした装備をしていないと排ガスが汚くなることや、エンジンに大きな負担がかかって寿命が短くなってしまうなどがデメリットです。

このように、どちらにもメリットデメリットがありますが、近年は最新の技術が駆使されていて、それぞれのデメリットを抑えるエンジンが開発されています。
そのため、それぞれのメリットを活用した効率の良いエンジンがメインとなっていて、特性の違いを見て車選びをすることが可能です。

Previous Post

Next Post