Car Lover's

スバルの運転支援システム「アイサイト」とは?

car-lovers-web.net 0 Comments

運転支援システムのアイサイトの魅力

運転支援システムというのは運転中のアラーム、もしくは自動で走行状況を正常にしてくれるシステムのことです。
このようなシステムが開発されるようになったキッカケは、自動車に乗る人が減ってきたからです。

最近では、若者が自動車を購入する割合が減ってきているのですが、その理由の1つに安全運転に自信がないといった、自動車運転技術に対する不安があります。
ですが、このような問題は個人では限度というものがありますので、運転支援システムのアイサイトが開発されるようになりました。

スバル(SUBARU)以外でも、アイサイトのようなシステムは開発されています。
ですが、今ではアイサイトが多くの人に認知される運転支援システムとなったので、運転支援システムのアイサイトの魅力について、1つずつ丁寧に案内させていただこうと思います。

まず、運転支援システムのアイサイトは「ステレオカメラ」というシステムになっています。
1つのカメラアイで物体を捉えるのではなく、2つのカメラアイで物体を捉えるというのが、他にはないアイサイトだけの技術でしょう。

カメラアイというのは、人の目に代わって物体をデータ上で補足するというものです。
過去に自動でブレーキがかかるシステムというものがありましたが、こちらはセンサー系によって物体が近くにあると急ブレーキがかかる仕組みでした。

ですが、運転支援システムのアイサイトでは、物体が近づくに連れアラーム音を鳴らす、もしくは警告用のランプが動作するといった支援が前提となっています。
運転技術が自動的に向上するアシストシステムというのが、アイサイト独自の技術なのです。

勝手に急ブレーキをかけられるわけではない・・・ので、安心してブレーキ操作を行えますし、警告を頼りにしているだけで事故を未然に防げるようになります。
また、ステレオカメラにより識別までにかかる時間が、従来のシステムより段違いで向上しました。

つまり、遠くにあるものが運転を妨げるものであった場合、運転支援システムのアイサイトは明確な警告、運転のアシストを行ってくれるのです。
これにより運転手本人が危険を察知することも早くなり、大きな事故を未然に防げるシステムとして高い評価を得られるようにもなりました。

その他の魅力

運転支援システムのアイサイトに用いられている技術も、日進月歩で進化し続けています。

例えば、自動車を運転している本人が運転をミスしてしまった場合も、運転をアシストしてくれます。
そのため、停止線でキレイに止まる、走行レーンの切替時もアシストする機能を備えるようになりました。
キレイな運転技術を獲得できるので、自分だけでなく周りも安心できるシステムへと進化し続けているのです。

Previous Post