Car Lover's

本当に止まるの?自動ブレーキシステム比較

car-lovers-web.net 0 Comments

過去と比較してなにが変わった?

自動ブレーキシステムですが、過去に開発されたものと比較すると、以下のような面で大きな違いがあることを理解できます。

大きな違いその1ですが、急ブレーキがかからない仕様となりました。
今では、電気、もしくはセンサーによるサポートが可能となっていますので、急ブレーキのような対応は減っています。

自動ブレーキシステムのCMを見ていると、急ブレーキを行っているシーンが出てきますが、こちらは急ブレーキ時もゆるやかに停車できることを説明しているだけです。

実際に自動ブレーキシステムを体験してみるとわかりますが、目の前の物体が急に近づいてくるわけではない場合、基本的にゆっくりとブレーキのアシストがかかるだけです。
自動車運転を行っていると、飛び出しといった急に物体が迫ってくるトラブルも発生しますが、そのような場合でも自動ブレーキシステムはサポートしてくれるようになっているのです。

というのも、遮蔽物に存在している物体さえも素早くキャッチするからです。
昔のものは前面に置かれている物体に対して、急ブレーキをかけるかどうかを判断するだけのシステムでした。

ですが、現代の自動ブレーキシステムは事故そのものを予測してくれるのです。
また、近くに怪しい物体が存在する場合、警告音、もしくは自動でハンドルが切られるといった操作で、回避行動を取ってくれるようになっています。

このようなサポートの素晴らしいところは、なぜ回避行動をとったのか明確に指し示してくれるところです。
音声案内、もしくはウィンドウ上のテキスト表示などで、どのようなサポートを行っているのかも明確に示してくれます。
このようなサポートは、過去の自動ブレーキシステムでは対応不可でした。

今では、このようなマルチチャンネル化にも成功しているので、自動車を乗り慣れていない人であっても、安全な運転が約束されるようになっているのです。

自動ブレーキシステムの主な新技術

自動ブレーキシステムの主な新技術ですが、それはステレオカメラのような人間に近い目線でものを捉えるという技術です。

アイサイトのような技術が有名ですが、カメラアイ以外でも同じような技術は存在しますので、カメラアイのみでサポート可能となっているわけではありません。
例えば、車の走行状況をデータ上で読み取って安全運転を行うシステムも存在しますし、危険性のないデータを元にして代わって運転するシステムまで存在します。

どちらにも言えることですが、人間が運転を行なわないでも目的地まで自動車は自動走行してくれます。
また、自動車そのものの異常も察知してくれるので、運転を代行してくれる人、メンテナンスに関する案内を行っている人がいる状態と等しい状態で、自動車を正しく運転できるようになるのです。

Previous Post

Next Post