Car Lover's

いかついタイヤ!トーヨータイヤのトランパスML

car-lovers-web.net 0 Comments

ナノテクノロジーが使われているタイヤ

トーヨータイヤのトランパスMLですが、ナノテクノロジーが使われているタイヤとして有名です。

ナノテクノロジーというと、精密なロボットなどに使用されているイメージがありますが、実際は自動車製品などに良く用いられているテクノロジーです。
ナノテクノロジーを使うことによりタイヤのなにが変わったのか?というと、それは耐摩耗性能、低燃費性能です。

近年では、エコロジーが叫ばれているので、ゴムタイヤについてもエコロジー要素が付け加えられるようになりました。
例えば、環境に配慮した素材を用いて道路を汚さないタイヤ・・・などが有名です。

しかし、トーヨータイヤのトランパスMLは、それだけでなく耐摩耗性能、低燃費性能を向上させたのです。
タイヤというと、このような性能が時代を追うごとに進化している・・・と思われがちです。

ですが、タイヤの性能というのはそれほど大幅に進化しているわけではないので、トーヨータイヤのトランパスMLのようなタイヤが注目されるようになりました。

トーヨータイヤのトランパスMLの耐摩耗性能はすでにタイヤの基準内でも、上位のランクに食い込むほどの人気となっています。
そのため、タイヤ性能だけでもトランパスMLは評価されているのです。

さらに、低燃費性能についても今では注目されるようになりました。
というのも、低燃費性能が高いタイヤは通常のタイヤより割高なのですが、中々傷みづらいという性能も誇っているからです。

交換時期が早まりにくいタイヤなので、長年で使用すると通常のタイヤより割得ということもあります。
このように性能が高く値段設定も高いわけではないので、トーヨータイヤのトランパスMLの人気は高いのです。

他にも、トーヨータイヤのトランパスMLはころがり性能を向上させています。
ころがり性能とは力をロスすることなくタイヤが回転している状態のことで、この性能が高いものほど長距離移動にも秀でるという評価を得られるのです。

つまり、トーヨータイヤのトランパスMLは、高速走行においてもロスすることなく力を道路に伝えられるタイヤです。

高速走行時も安定した走行を可能とする

先ほど高速走行時のタイヤ性能について案内しましたが、高速走行において全体的に良い評価を得ているのが、トーヨータイヤのトランパスMLです。

今までは、可もなく不可もなくというタイヤが多く、且つ高速走行に100%対応しているわけではありませんでした。
そのため、バタつきがまったくないトーヨータイヤのトランパスMLの評価は高いです。

しかも、横剛性が高いので車そのもののふらつきも改善されるほど、タイヤ1本で自動車性能が変わるという代物なのです。

Previous Post

Next Post