Car Lover's

大人気!!トヨタ新型SUV C-HRに迫る!

car-lovers-web.net 0 Comments

TNGA二代目となるトヨタの新型SUV C-HR

トヨタ自動車は、世界的に通用するクルマを開発するため、また設計や開発、製造をより効率よくするために、TNGAというプラットフォームを持ち、それを軸に様々なモデルを作っています。
そのTNGAの二代目となるのがこのC-HRです。
C-HRはトヨタ自動車が世界戦略車として掲げる新型SUVで、今まで培ってきたトヨタ自動車の高い技術と、新しい機能を詰め込んだ一台となっています。

世界戦略車ということで、日本国内はもちろんのこと、北米やヨーロッパを始めとする世界中で販売網が組織されています。
特に海外ではSUVのニーズの高さは日本の比ではありませんので、性能が高くデザインの良いものはかなりの販売台数を数えることになるでしょう。
トヨタ自動車のフラッグシップ的な存在として、このC-HRも世界を舞台に大きな活躍が見込まれているのです。

プリウスのSUVとも言える一台

C-HRはプリウスにも採用されたTNGAを採用していますし、ハイブリッドシステムを用いたモデルがメインとなります。
もちろん、ボディーや足回り、内装などはかなり異なりますが、基本的にはプリウスのシステムがベースになっている部分もありますので、プリウスのSUVバージョンとも言うことができます。

トヨタ自動車のハイブリッドは、単に燃費性能が高いというだけでなく、パワフルな走りが楽しめる力強さを持つようになっていて、新型SUVにもぴったりの動力システムに進化しているのが特徴です。
そのため、C-HRも燃費が良く日常ユースでも十分用いられるという側面を持ちながらも、アウトドアや遊びにも用いられるタフさを持つという形になり、より多くの人に支持されることが期待されています。

TNGAは単にボディー設計を効率化するためだけでなく、燃費性能を向上させたり全体の剛性を上げたりするのに役立っています。
このC-HRも高い剛性を誇るボディーを持つことで、より安定性のある走りができるのがメリットです。

最新の安全技術が搭載されている

C-HRは燃費や走りの面で大幅な改善が図られているというだけでなく、安全に関する最新の技術が搭載されているという点でも注目できます。
歩行車を検知してアラームを鳴らしたり、万が一の場合に自動的にブレーキをかけるシステムなどがあるのです。
また、オートクルーズコントロールでは、前の車を追尾して最適な車間距離を自動的に保てるという機能も付いています。

シャープでかっこいデザインに仕上がっているということも含めて、トヨタの新しい試みが詰まったモデルとなっていますので、ぜひとも注目したい一台です。
日本でも海外でも注目度の高いクルマですので、情報を集めてクルマ選びの参考にできます。

Previous Post

Next Post