Car Lover's

室内の広さが魅力!ダイハツのタント

car-lovers-web.net 0 Comments

快適さが人気

ダイハツ工業が生産している軽トールワゴンがタントです。
当初は軽自動車としては最長であったことが話題となりました。

同社が生産しているムーヴと比較するとさらにキャビンが大きくなっており、快適な車として人気を集めました。

2005年にはタントカスタムが追加。
こちらはスポーティなデザインが特徴的であり人気車種となりました。

2007年には2代目にフルモデルチェンジを果たしたのです。

そして、2013年には3代目となりました。

初代が登場したのは2003年のことであり、現在ではダイハツ工業を代表する車種として親しまれています。
街の中を歩いていればタントが走っている姿を見かけることは多いでしょう。

タントの良さはなんといっても車内の空間が広々としていて快適なことです。

軽自動車といえば狭いというイメージを抱いている方が多いのですが、そのようなイメージを覆した車です。
車内に広々とした空間があるということは、たとえば家族が利用したとしても問題ないということになります。

子供を乗せて、買い物に出かけたとしても車内が窮屈になることはありません。
燃費が良くて、維持費もかからないというメリットもあるため、大人気です。

タントに興味のある方はこちらのサイトをチェックしてみましょう。

下記のサイトではタントの買取相場について解説しているため、タントを購入する際の参考となります。
参考:ダイハツ タント|軽自動車|買取|エーリストガレージ

タント

タントの魅力

タントの最大の魅力はその室内空間の広さですが、どうしてそれが可能となっているのでしょうか。

軽自動車は規格が決まっているため、どうしても似たような広さの車ばかりが生まれます。
そのような中でタントは広いスペースを実現させて他社の車との差別化を図りました。

まず、ダッシュボードが低く抑えてあることによって、広々とした視界を確保しています。
規格ぎりぎりまでボディサイズを広げているため、他の軽自動車にはない空間が生まれました。
軽自動車はコンパクトでなければいけないという先入観から脱した成果です。

軽自動車の時代が来ると予想していて、そのためにはより広い空間を持った軽自動車のニーズが生じると予想したことが功を奏したのです。

単に広くするだけではなく、たとえばリヤサーキュレーターを装備して快適な空気を常に送り出すことを実現しています。

かつては車の実用性はそれほど重視されなかったのですが、今のユーザーはとにかく実用的であることを望んでいるため、そんなユーザーからのニーズに上手く対応できたのがタントの強みといえるでしょう。

軽自動車はもはやネガティブなイメージを完全に脱していて、むしろおしゃれなアイテムとして見直されています。

家族が利用する際にも軽自動車で十分目的を果たせるという認識が生まれているのです。
そのような状況を作り出したのがダイハツのタントであるといえるでしょう。

Previous Post

Next Post