Car Lover's

新型クラブマンを楽しもう!

car-lovers-web.net 0 Comments

従来のミニとは異なるスタイルを持つ新型クラブマン

ヨーロピアン小型車のシンボルとも言えるのがミニですが、その中でもクラブマンは異なるテイストを持っています。
どちらかというと小さ目のハッチバックタイプのクルマと言うことができて、ゆとりのあるボディーの大きさを備えているのです。
乗員のスペースはもちろんのこと、ラゲッジスペースも十分に取っていて、ちょっとした旅行に行くのにも十分な居室空間が設けられています。

クラブマンの大きな特徴と言えるのは、観音開きになっているテールゲートです。
荷物の出し入れがこれによってかなり便利になっていますし、見た目にもインパクトがあります。
ミニ系統のデザインを継承しながらも新しい雰囲気を与えていますので、ファンが注目するのも当然です。

居室スペースが広くなっていることもあり、単に趣味でクルマを持つということではなく、ファミリーカーとしての実用性も備えるようになっているのが特徴です。
ミニ好きの人が、家族と共にドライブを楽しむという形で乗れますので、より活用シーンが広がっていると言えるでしょう。

走りを楽しめるミニの魅力は変わらない

新型クラブマンはスタイルに独自性があるものの、基本的な性能は他のミニのモデルとそう変わりません。
2リットルのディーゼルターボを持つモデルもありますし、230ps以上のパワフルな走りが楽しめるエンジンを搭載しているモデルもあります。
伝統的なスタイルを楽しむという他に、走りそのものも満喫できるのがこのクラブマンの魅力と言えます。

6ATと8ATの二種類のトランスミッションが用意され、ドライブの楽しみをさらに味わう事ができるのもポイントです。
同じように見える新型クラブマンの中にも、エンジンやミッションの差が大きく見られますので、どこまで走行性能を追い求めるかを考えてモデルを選ぶことができます。

いろいろなアレンジができるインテリアが魅力的

クラブマンの魅力の一つとして、自分好みのインテリアに仕上げることができるという点が挙げられます。
シートの素材やカラー、パネル類のデザイン、オプション装備品の追加など、いろいろなアレンジができますので、かなり変化に富んだインテリアに仕上げることが可能です。
新車で購入する時には、自分好みの一台に仕上げるようにじっくりと構想を練るようにしましょう。

また、中古車を探して購入する時には、エンジンや足回りの調子、走行距離などだけでなく、どのようなインテリアデザインに仕上がっているかをきちんとチェックしましょう。
新車購入したオーナーの趣味によってかなりデザインが異なってくることもありますので、いくつかのクルマを比較して自分に合ったものを見つけることが重要です。

Previous Post