Car Lover's

都会とアウトドアでも使える!プジョー2008のCROSSCITY

car-lovers-web.net 0 Comments

いいとこ取りのプジョー2008CROSSCITY

プジョー2008CROSSCITYですが、今までに開発されてきたものと比較して、いいとこ取りであることが明らかになっています。

例えば、プジョー2008CROSSCITYはオフロード性能が高められていますので、オフロードでもいかんなく車輌の性能を活かせるようになっています。
オフロードというのは道路のことなのですが、今までの自動車は安定走行を前提として開発されていたので、それほどオフロード性能が高いというわけではありませんでした。

ですが、プジョー2008CROSSCITYはオフロード性能を高めてきたプジョー2008、それと特別仕様車に当たるCROSSCITYの機能を合体させたSUVなのです。

SUVは、乗り回しやすいスポーツカーとして親しまれている、自動車の形式だと理解してください。
本来のスポーツカーは性能が高すぎるので、自動車に乗ったことがない人では運転が慌ただしいものになってしまいます。

そのような無駄に高いと感じ取られる馬力、もしくはパワートレインと言われている要素を少なめにしたものがSUVです。
また、車輌そのもののサイズもスポーツカーより、SUVのほうが大きくなる傾向にあります。
これはプジョー2008CROSSCITYも変わりません。

これによりワイドなボディーを気持ち良く動かせるようになるので、視界そのものも広がっている状態で自動車の運転が可能となります。
剛性そのものもフレームを大きくできることにより強化できますので、振動なども気にせずスポーツ走行を楽しめるというわけです。
プジョー2008CROSSCITYは、オフロード性能も高く高速走行時の性能にも問題ありません。

つまり、1粒で2度美味しいを地でいっている自動車なのです。
近年では、プジョー2008CROSSCITYのような自動車も増えてきましたが、中々、スポーツ走行においても高い成果を発揮する自動車は存在しません。

なので、プジョー2008のような性能を持つCROSSCITYは、他の自動車と比較しても別物のSUVと評価できます。

パワートレインの大幅な変化

プジョー2008CROSSCITYでもそうですが、今の時代ではMT(マニュアルトランスミッション)ではなく、AT(オートマチックトランスミッション)の時代です。

なので、プジョー2008CROSSCITYのパワートレインも、1.2リッターの3気筒、そしてターボエンジンと6段ATという機構になっています。
これが気持ちよくアイドリングするので、一般的なスポーツカーに似たような臨場感のもとで、スポーツ走行を楽しめるようになっています。

Previous Post

Next Post